1970年までタイはまだ多くの空き地があり、そのころは国民一人当たりの土地面積は今では比べられないほど大きかった。当時のタイの産業はエビ産業や、タイ米、キャッサバ、とうもろこし、ゴムや砂糖などの農作物を中心とした農業であった。1970年以降、タイの工業化の最初の波が訪れ、人々は地方から主要都市に移り住み、工場で働き始めた。この様な農業から工業化の経済シフトによって人々の生活は大きく変わり、その結果タイでは現在建築やランドスケープの危機が起こっているのである。

Until 1970s, Thailand was a land abundant country.  At that time, the Land per person ratio was enormously large.  Dominant economy system in Thailand at that time was agricultural system and depended on its plentiful natural resources of crops such as rice, cassava, maize, rubber, and sugar cane along with its seafood production primarily of shrimp.  After 1970, the first period of industrialization came to Thailand, and people from rural area moved to major cities and started to work in factories.  This economic shift from agricultural economy system to an industrial economic system created a major change in people’s lives and resulted in the current crisis in architecture and landscape in Thailand.

 

タイの工業化 Industrialization in Thailand

1970年代以前のタイ経済は主に農業に依存していた。 1960年代に、主に食品加工(タイの経済開発と工業化の失敗、TDRI)を中心とした工業化の最初の試みとして、輸入代替戦略がタイで導入された。さらに、地方豊富な労働力と天然資源が輸出製品を急速に増加させた(タイ経済の概要)。 TDRIの報告によると、1980年代には、繊維産業と衣料品が市場シェアを拡大し、食品産業は減少傾向にあった。 1978年から1993年の間に、タイの工業化の構造は、食品生産から自動車部品、機械、電気部品、皮革製品、基本的な化学製品、保存および缶詰食品、繊維、衣類、そして最後に宝石や宝石に移りました。外国からの投資もタイの工業化を加速させるもう一つの要素だった。台湾、香港などの外国人投資家が生産ラインをタイに移し、タイを東南アジアの中心にした。それ以来、バンコクは近代的な都市になった。

Before 1970s, Thai economy mainly relied on agriculture. In the 1960’s, Import Substitution strategy was introduced in Thailand as a first attempted for industrialization which centered mainly on food processing (Economic development and industrialization failure in Thailand, TDRI). Moreover, the combination between the availability of local labors and the abundant natural product was significant mechanisms that Thailand could increase their export products rapidly (Thailand overview of the economy).  Report from TDRI mentioned that in 1980s, textiles and garments increased their role on market share while food industries tended to decrease. Between 1978 and 1993, structure of Thailand’s industrialization shifted from food productions to automobile parts, machinery, electrical components, hide products, basic chemical products, preserved and canned food, textiles, clothing, and finally gems and jewelry, which last to present.   Foreign investment was also another component to accelerate industrialization in Thailand.  Foreign investors, for instance, Japan, Taiwan, and Hong Kong moved their production lines to Thailand, and it drove Thailand to become a focal point in Southeast Asia. Bangkok became a modernized city since then.

 

装飾ファサードの消失

Lost crafted façade in Thailand

 

工業化後、新しい建築材料、特にガラスと鋼材は、近代建築の主要な材料になった。これは1850年代以来の建設技術の歴史的な動きであり、これらの材料は、建物をより高く、より大きく、さらにより速く仕上げることを可能にした。これが高層ビルの始まりだった。これらの高層ガラス製の箱、いわゆる「インターナショナルスタイル」が、タイにも導入され、他の近代化された国と同様に広く使用された。その結果、バンコクの風景はガラス箱や鉄骨造の建物で統一されていった。これはタイだけでなく他の国でも同様である。地域の気候や文化がどのように異なっていても、ガラス箱は世界中の都市の景観を統一した。新しい空調技術により、温度と湿度を適切にコントロールし、快適な室内環境を作る事ができるため、この様なガラスボックスはあらゆる地域の気候においても作ることができた。このインターナショナルスタイルが登場する前は、バンコクには巧みにデザインされたファサードがあった(図1)。この種のファサードは、窓層外側のコンクリート層によって強い日差しを効果的に遮断しつつ通気性が良い為、赤道付近特有の熱帯気候の地域に非常に適し、持続可能なデザインだった。これらのファサードの複雑さは、熟練の型枠製作者とコンクリート鋳造技術者がかつてあったことを意味する。この具体的なシェーディング手法はタイの近代建築として保存されるべきであるが、残念ながら昨今、このような作品はほとんど見られない。工業化によって優れた空調技術がもたらされ、快適な室内環境が生まれたが、その見返りに、この気候に住むための素晴らしい職人技術と地元の知恵は完全に無視されてきた。

After industrialization, new construction materials, especially glass and steel, became a major material for modern architecture.  It was historical movement in construction technique since the 1850s, and these materials enable buildings taller, bigger and even finish faster.  This was the beginning of skyscrapers.  Those tall glass boxes, so-called “international style”, mass-produced glass and steel, also made construction period much faster and more efficient than before.   This system came to Thailand as well and was widely used just like other modernized countries.  As a result, the landscape of Bangkok was uniformed by glass boxes and steel buildings.  This is not only in Thailand but also in other countries as well. No matter how different regional climate and culture are, glass boxes unified city’s landscape all over the world.  New air conditioning technology enables glass boxes to be in any kind of regional climate because it can control appropriate temperature and humidity for each region to create a comfortable interior environment. Before the international style came, there used to have well designed and well-crafted façade in Bangkok (figure.1).  This kind of façade was really suitable and sustainable to equator tropical climate in Thailand.  The concrete layer outside the window layer shut out strong sunshine effectively.  Their complexity of handcrafted façade is proof that there used to have well-trained form-work makers and concrete casting technicians.  This concrete shading technique should be preserved as Thai modern architecture, however, unfortunately, in these days, we seldom find this kind of neat work any more. Although Industrialization brought us convenient air conditioning technology creating a comfortable atmosphere, in return, wonderful craftsmanship and local wisdom to live with this climate were completely terminated and ignored.

 

 

(figure1:http://reubenmiller.typepad.com/photos/uncategorized/2007/12/10/suanmaliqh9.jpg) 

 

 

 

 植民化:工業化:工場

 

Colonization: Industrialization: Factories

ウィキペディアによると、「コロニー」という言葉は、国家の直接の政治的支配下にある領土の事である。 コロニーは一般的に海外の所有物と区別されます。 植民地化の下で、地元の人々は政治システム、言語、そして文化を変えることを余儀なくされる。 かつてのように生活することは許されないため、地元住民にとっては残酷な状況である。 ただし、植民地の都市には、2つの異なる文化や社会が融合して新しい形を作る機会となる場合もあり、肯定的な側面もある。 たとえば、1500年代から1800年代にかけてメキシコはスペインに植民地化された。 植民地化の間、スペイン人は現地の遺産の多くを破壊したが、スペイン人と先住民の要素が融合したユニークな植民地芸術と建築を作り出した(図2)。

According to Wikipedia, the word “colony” is a territory under the immediate political control of a stateThe colony is generally distinguished from oversea possessions. Under colonization, local people are forced to change their political system, language, and culture.  It sounds cruel to local citizens because they are not allowed to live as they used to be.  However,   there is another positive aspect in a colonized city which is an opportunity for two different cultures or societies to blend and create a new form. For example, Mexico was colonized by Spain since 1500’s to 1800’s.  During the colonization, although Spanish destroyed many local heritages, there was a style which unique mix of Spanish and indigenous element creating Spanish colonial art and architecture in Mexico (figure 2).

 

 

(figure2:https://en.wikipedia.org/wiki/Spanish_Colonial_architecture)

 

1970年代以降、外国の投資家はタイの豊かな天然資源、広大な土地、そして高い能力のある人的資源に注目し、東南アジアの生産ラインまたは主要な支店をタイにシフトしてきた。タイは外国資本によって工業化によって植民地化されていると言われている。そのような産業植民地化は過去の植民地化とは性質を異にする。産業植民地化の下では、投資家は初期および生産コストを最小限にすることを追求する。彼らの最大の興味は利益を追求することであり、今までの植民地の様にその土地を支配する事ではない。この事実により、工場のデザインは単純な鋼製サイディングの箱となる(図3)。スチールボックスの産業現象は、タイだけでなく世界中に広がっています。スチール製の箱の形は、地域の文化、気候、または社会とは全く関係なく、また空調システムを使用している為、この種の鋼製箱は世界中のどこにでも建てる事が出来、世界中の工業地帯の景観は一様となった。産業植民地化では、メキシコの様な文化的ブレンドは無いが、鋼製サイディングボックスで土地を埋め尽くすことにより、美しいタイの風景と景観を破壊してしまった。

After 1970’s foreign investors focus on rich natural resource, vast land, and qualified human resources in Thailand, and they have been shifting their production lines or main branches in Southeast Asia to Thailand.  It is said that Thailand is being industrial colonized by foreign capitals. Industrial colonization, on the other hand, is different from colonization in the past. Under the industrial colonization, those investors come to Thailand to pursue minimized initial and production cost.  Their interest is just pursuing their profit.  This fact results in their factories simple steel siding boxes which just satisfy the function of the building (figure 3).   The industrial phenomenon of steel box appears not only in Thailand but also all over the world.  The forms of steel boxes have nothing to do with their regional culture, climate, or societies by using an air conditioning system.  Therefore, this kind of steel boxes are found anywhere in the world and the uniform landscape of industrial area all over the world.  In industrial colonization, there is no such cultural blend but the destruction of beautiful Thai scenery and landscape by filling up the land by steel siding boxes.

 

 

(figure3: https://www.amata.com/en/industrial-cities/amata-thailand/industrial-cities/amata-city-chonburi/)

 

マンションや住宅の大量生産

Mass production of condominium and houses

タイ国家統計局によると、バンコクとその周辺の新住宅は、1996年から2006年までに合計690,691戸増加した。不動産開発業者がタイの景観形成のための強力な機関になったと言っても過言ではない。土地開発企業は、住宅および商業地域のプロジェクトを大量に供給している。工業化と近代化の結果、人々は多額の現金を持つようになった。この消費者の購買力は市場で非常に強力であり、開発者はそれらの消費者が望むものを提供する。人々はヨーロッパ風の高級住宅を好む傾向があるため、住宅プロジェクトではタイ全土で豪華なヨーロッパ風の住宅プロジェクトを大量に生産しています。プロジェクト内のほとんどの家屋は、プレファブリケーションプロセスを円滑に行うため、非常によく似た外観に設計される。そのため、タイ郊外の多くの住宅地の風景は劇的にヨーロッパ化されています。その結果、タイの住宅プロジェクトで、地域の個性や特徴を見出す事が非常に困難となった。スタンプのように、ヨーロッパ風の家はタイの住宅地で現在もスタンプされ続けている。

According to the National Statistical Office, new housing in Bangkok and vicinity increased in total 690,691 units from 1996 to 2006. It is not too much to say that real estate developers became a powerful agency for the formation of Thai landscape. Land developed companies massively supply projects in living and commercial areas for Thai consumers.  After industrialization and modernization, people possess cash on their hand.  This consumer purchasing power is so effective in the market that developers need to provide what those people want.  In residential projects, since people tend to prefer European luxury housing, nowadays, developers massively produce fancy European housing project all over Thailand.  Most of the houses in a project are designed a quite similar appearance to make the pre-fabrication process much easier and faster.  For that reason, many Thai residential areas dramatically become Europeanized in these days. Consequently, individuality and characteristics of the region are hard to find in the housing projects in Thailand. Like stamps, European houses are stamped in Thai neighborhoods.

 

結論 Conclusion

これまで見てきたように、1970年以降の工業化は、社会や人々の生活を劇的に変え、タイの景観に影響を与えてきた。それは工業化によって建物を大量生産する技術と材料をもたらしたからでもある。大量生産を容易にするために、建物は世界中で規格化され、工業化と近代化後、世界中の建築は特徴を持たない景観として統一されてきた。ガラス箱のような高層ビルは世界中の都市に現れ、鉄の箱は工業地帯を埋め尽くした。さらに、ヨーロッパ風の住宅はタイ全土の住宅地を占めている。現在の経済社会では、ほとんどの場合、建築家は市場の動向に追従する必要があるため、建築家は社会や文化と密接な関係を持つ作品を作る機会が少ない。こういった景観の統一は現代を表す自然な結果で建築史の一部とも言えるという考え方もある。建築家は社会、風景、歴史の一部を作る人たちである。そのため彼らが作るものには社会的責任がある。現代の様な建物の大量生産では、経済問題が優先される傾向があり、この事実は忘れられ無視されがちである。建築家はクライアントのニーズを満たすために市場のトレンドに従う必要があるが、建築家にとって最も重要なことは、建築家が社会や歴史の一部を作っていることを忘れず、常に認識しておく必要があることである。これが社会における建築家の責任であると考える。

  As seen before, industrialization since 1970 has been changing society and people’s life dramatically, which have been affecting the landscape of Thailand.  It is because industrialization brought new technology and materials which made mass production of buildings.  To make mass production easier, buildings became alike all over the world.  The phenomenon after industrialization and modernization is a unification of landscape without characteristic of the regional architecture.  Glass boxes appear anywhere in cities and steel boxes are numerous in the industrial areas. Moreover, European houses are a majority in residential areas all over Thailand.  In this society, architects have less opportunity to create something which has a close relationship with society and culture because most of the time architects have to follow the market trend. It is controversial whether good or not unification of landscape is in modern society because it can be said that this is also part of architectural history. However, architects have a responsibility to whatever they make because what they make become a part of society, landscape, and history.  In modern mass-production of buildings, this fact tends to be forgotten and ignored, and instead, the economic issue tends to be over priority.  Although architects have to follow the market trend to meet clients’ needs, the most important thing for architects is they must not forget and always be aware that they are making a part of society and history. This is the role of architects in modern society.